×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



HOME > 今成囃子連の紹介

今成囃子連の活動

私たち今成囃子連は「小村井流」の新囃子を伝承し、川越まつりを中心に年間を通して活動しています。
主な活動イベントは下記の通りです。

川越まつり
春祭り
百万灯まつり
元朝祭
地蔵祭
川越まつり会館での囃子実演

その他、依頼があれば結婚披露宴での演奏も行っています。

小学生から80代までの男女が切磋琢磨し、それぞれの技術向上を図っています。

流派と今成囃子連の歴史

2010年現在、公式には「小倉井流四行新囃子」としていますが、「小村井流」が誤って小倉井流となってしまったのではないかという説が有力なため、「小村井流」に修正していこうとしています。
この小村井流の囃子は、戦前に現在の川越市久下戸から伝えられたものです。
当時のメンバーはどこへ行くにも笛を手放さないと伝えられるほど稽古熱心で、川越市の囃子競演では常に上位に入るほど名人揃いだったといいます。
しかし残念なことに、戦時中にその活動を停止。メンバーの戦死等も加わり、当時の曲目の半分が伝承不可能な状態になってしまいました。

私たちはかつてのメンバーが守ってきた伝統ある曲を伝承しつつ、かつての曲を復活させるべく活動を続けています。